動物大好き💕まーさんの日常ブログ💕現在休職中🐶

富山住み/医療系専門卒業/23さい(´-ω-`) 4月から社会人として、働き始めましたが現在は鬱病にて休職中なので専業主婦です。 過去に飼っていたペットや現在飼っているペット、料理、趣味について投稿したいと思います♪ また、お得な情報についても掲載します。 女性、主婦に向けた記事を多めに載せます。 よろしくお願い致しますm(__)m

秋のお彼岸は何を食べる?秋のお彼岸のお迎え方や準備とは何がある?

æ¤ç©, è±, æ¥æ¬, å, æ¼ç æ²è¯, 彼岸è±, ç§, 赤, èªç¶

お彼岸という言葉を知っている人は多いかと思います。

 

しかし、お彼岸が年に二回あるということを知らない人もいるのではないでしょうか?

 

実はお彼岸は、春と秋、年に2回あるのです。

 

そこで今回は秋のお彼岸について、何を食べるのか、秋のお彼岸やお迎え方や準備についてご紹介いたします。

 

【秋のお彼岸に食べるものとはなに?】

 

春のお彼岸では「ぼたもち」が食べられます。

しかし、秋のお彼岸では「おはぎ」が食べられるのです。

 

「ぼたもち」と「おはぎ」って同じ食べ物じゃないの?と思っている人は意外と多い物です。

確かにほとんど変わりません(笑)

 

基本的には、ほとんど同じで、季節によって名前が変わり、見た目も多少ですが異なります。

具体的には大きさや形、餡に違いが出てきます。

 

ぼたもちは牡丹の花が由来なので、とても大きくまるいつくりとなります。

おはぎは秋の七草、萩の赤紫の花が由来なので、小ぶりで長めの作りとなります。

 

また、中身が少しだけ異なります。

粒あんかこしあんの違いです。

 

粒あんの方がぼたもちで、こしあんの方がおはぎです。

 

これは小豆の収穫の時期に関係しています。

 

秋のお彼岸は、小豆の収穫時期とほとんど同じです。

収穫したての、柔らかい小豆を「あん」にすることができるのです。

 

そのため、柔らかい皮も一緒に潰して作られます。

粒あんの入ったぼたもちの完成です。

 

春のお彼岸い使われる小豆は、冬を越して小豆を使用することになります。

 

当然、乾燥しているため皮が固くなっています。

そのため、食感を生かすために皮を取り除いたこしあんが使われます。

 

しかし、現代では技術が発展し、年中「おはぎ」で販売しているお店が多いようです。

 

【春のお彼岸と秋のお彼岸の違いとは?】

ã«ã©ãã«ãªè±, ãã©ã®éç½®, è£é£¾, ãæãã¿, é»ã®å¤§çç³, å¢ç³, å¢å°

基本的には春も秋のお彼岸も、同じものです。

お彼岸は春分の日と、秋分の日の前後3日間を合わせた7日間のことを言います。

 

お彼岸のことを「彼岸入り」

春分の日と、秋分の日を「彼岸の中日」

7日間の最終日のことを「彼岸明け」

 

このように言います。

 

春分の日と秋分の日は、国民の祝日です。

 

春分の日と秋分の日は、昼夜の長さがほとんど同じことから、あの世との距離が最も近くなる人も言われています。

 

【お彼岸の時期の準備とは何がある?】

æé¤äºº, å®æçãªãã©ã·, ãªã¿ã¼ã³, ããã, ã»ãã, æ±ã, ã¯ãªã¼ã³

お彼岸の時期は、仏教行事の1つです。

これは日本特有の行事なので、他の国では認知されていません。

 

お彼岸の前には祖先や自然に感謝する習慣が以前より、ありました。

 

現代でも、お彼岸には仏壇をキレイに掃除したり、お墓参りをしたりします。

 

お彼岸では家族で、お墓をキレイにしてお墓参りをして、収穫した手の小豆で作られた、ぼたもちを堪能しましょう。

 

お彼岸には基本的に、ぼたもちやおはぎを供えることが普通です。

 

もちろん、祖先の好みの物を供えるのも良いです。

気持ちがいちばん大切です。

 

お供え物をしたら、カラスにイタズラされないように持ち帰るように心がけましょう。

 

【今回のまとめ】

æèµã®æ, é´, å°ã, 赤ã¡ãã, ã«ããã«, 家æ, è¨å·, æ, 幸ç¦

お彼岸は春も秋も、基本的には同じようなことをします。

 

家族でお墓参りをしたり、お墓の掃除をしたり、みんなでおはぎやぼたもちを食べたりします。

 

お彼岸は祖先と最も身近にいられる貴重な期間です。

祖先がどのような人であったのかなど、この機会に聞いてみるのもいいでしょう。

 

お彼岸は春と秋の年に2回あります。

そのどちらの季節も比較的に、穏やかな季節です。

 

ぜひ、お彼岸にはお墓の掃除やお墓参りを家族で行ってみてはいかがでしょうか??