動物大好き💕まーさんの日常ブログ💕現在休職中🐶

富山住み/医療系専門卒業/23さい(´-ω-`) 4月から社会人として、働き始めましたが現在は鬱病にて休職中なので専業主婦です。 過去に飼っていたペットや現在飼っているペット、料理、趣味について投稿したいと思います♪ また、お得な情報についても掲載します。 女性、主婦に向けた記事を多めに載せます。 よろしくお願い致しますm(__)m

生活習慣病の糖尿病は怖い!合併症で死につながる!?そんな糖尿病の予防・改善策をご紹介!!

 

f:id:soranosuke0203:20190903201614j:image

 

日本人に多い生活習慣病である“糖尿病”ですが…

悪化すると死につながることもあるのです。

 

初期の場合は、食事や運動を取り入れることにより、進行を防ぐことができます。

しかし、悪化すると合併症も起こります。

 

糖尿病の合併症は命に関わるたいへん怖いものです。

そこで今回は、糖尿病の合併症と、予防・改善方法についてご紹介します。

 

 

【糖尿病とはどんな病気なのか簡単に解説!】


f:id:soranosuke0203:20190903201624j:image

 

糖尿病には1型と2型があります。

1型は若い時、0~24歳のときに突発的に発症したり、自己免疫の影響で発症します。

2型は運動不足や食事の管理が怠っていると発症します。

太っている人に多く、発症するのが2型糖尿病です。

 

1型はインスリンに対する依存性が高いです。

2型は生活習慣による棋院が大きいです。

 

1型も2型も血中のぶどう糖の濃度が高くなることが特徴です。

体内のぶどう糖の濃度が高くなることにより、口渇・多尿・多飲・全身倦怠感などの症状が出ます。

 

1型糖尿病は、インスリンの注射を必要とします。

自分の体内でインスリンを作るのが難しいためです。

 

2型糖尿病は、必ずしもインスリンの注射を必要としませんが…

悪化すると注射を必要とします。

 

 

 

【油断すると怖い!糖尿病の合併症とは?】


f:id:soranosuke0203:20190903201643j:image

 

糖尿病が悪化すると合併症も併発します。

この合併症には命に関わる深刻なものもあります。

 

・糖尿病網膜症

初期は全くと言っていいほど、自覚がありません。

眼底検査により発見されることが多いです。

進行することにより、最悪の場合は失明します。

 

・糖尿病腎症

初期は無症状です。

段階を得て、進行する糖尿病の合併症です。

高血圧によって血管が傷つきます。

血管が傷つくことにより、腎臓の状態を悪化させます。

タンパク質が尿に出てくるようになると、進行しているということになります。

 

・糖尿病神経障害

高血糖により、感覚異常が起こる合併症です。

手足や指に痛みやしびれが出たりします。

上下肢、左右対称に知覚異常が行われます。

 

・糖尿病壊疽

糖尿病神経障害が進行すると、糖尿病壊疽になります。

足先から始まることが多いです。

最悪の場合は切断しなければいけません。

予防することが大切な合併症です。

 

・動脈硬化

狭心症をはじめ、心筋梗塞や脳梗塞などを発症するリスクが大きいです。

最悪の場合は命に関わる重大な糖尿病の合併症です。

食後の血糖値が重要になってきます。

 

【糖尿病の予防方法や改善方法を解説!】


f:id:soranosuke0203:20190903201705j:image

 

・糖尿病の予防方法

糖尿病のほとんどが、2型です。

生活習慣が関係していることになります。

このことから、糖尿病を防ぐには生活習慣を整えることが大切です。

肥満や暴飲暴食は糖尿病のリスクを大きく上げます。

 

ライフスタイルを整えることがいちばん大切になってきます。

日頃から適度な運動を心がけたり、バランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

 

・糖尿病を改善するには

糖尿病の治療は主に、食事療法と運動療法を取り入れられています。

 

〈食事療法〉

もし、糖尿病になってしまっても意識して食事や運動をすることにより進行を防ぐことができます。

 

カロリーを取りすぎないことや、体に良い食品をなるべく選ぶようにしましょう。

油もなるべく控えるようにしましょう。

飲み物は水やお茶をメインにしてみるといいと思います。

 

〈運動療法〉

仕事に家事に忙しい人も多いでしょう。

無理して運動するとかえって逆効果になります。

そこで、どうすればよいかというと普段から少しずつ意識して体を動かしましょう。

 

例えば、エレベーターやエスカレーターを使わず階段にするなどです。

また、電車で通勤している人は1駅歩くとか、自転車も有効的に取り入れてみてもいいかもしれません。

 

買い物に行った時も、出入り口の近くではなく、遠いところに車を止めてなるべく意識的に歩くようにしましょう。

 

少しの工夫で体を動かし、糖尿病を改善することに繋がります。

同じ境遇の人を見つけ、一緒に体を動かすのも良いでしょう。

 

【まとめ】


f:id:soranosuke0203:20190903201718j:image

 

今回は糖尿病の合併症と、予防・改善方法についてご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

糖尿病は油断すると命に関わる重大な合併症を発症します。

糖尿病にならないように生活習慣を整えることを意識してみましょう。

 

また、糖尿病になってしまってもあきらめてはいけません。

積極的に治療に専念し、生活習慣を改める努力をしましょう。

 

糖尿病は完治しない病気ですが、進行を防ぐこともできます。

ぜひ、自分の生活習慣を一度、見直してみて改善してみてくださいね♪